社会のニーズ|今時の新常識|ウェブ接客で簡単経営を果たそう
女の人

今時の新常識|ウェブ接客で簡単経営を果たそう

社会のニーズ

握手

事業の誕生

電話代行サービスという業種は、かなり以前からあります。このサービスが世の中に生まれるには、二つの要素が必要でした。まず、電話を転送する必要があること、つまりニーズがあること。そして、かかってきた電話つまりコールを別の回線に転送できる技術や機器が生まれること、という二つでした。高度成長期、多くの人が忙しく働いていましたが、今のように携帯電話もなく、営業マンや経営者との連絡がスムースに行かないことも多かったのです。そのような状況の中で、まず電話の転送システムが生まれました。さらに、ボケットベルという装置も誕生しました。そして、独立開業した人が不在中にかかってきた電話対応を委託できる電話代行業者がついに登場しました。

代行業務の多様化

当時は、せっかくかかってきた電話に対応するスタッフがいないためビジネスの機会を失いたくない、というニーズから生まれた電話代行サービスでした。このような代行会社は、多くの顧客から業務を受託し、顧客先の名前で電話対応する、というのが業務内容でした。この不在中の電話対応、伝言受取、内容の報告などの業務は今でも行われていますが、最近は電子メールや携帯電話への即時転送サービスなど、電話代行サービスが始まったころに比べるとはるかに業務内容が充実しています。さらに、電話代行業務が通信販売事業と結びつき、コールセンターと呼ばれる機能も果たすようになってきました。本来、自社内で受ける受発注業務を外部機関に委託する、というこの電話代行業務は、今後の市場の発展に伴い、大きく伸張することが予想されています。